MENU

乳首のムダ毛について。


乳首のムダ毛に悩んでいるのは、自分だけではありません。
なかなか周りの人に話しにくく感じてしまう内容ですが、自分だけで悩みすぎる必要はありません。

 

まず、乳首のムダ毛はホルモンバランスの変化によって濃さが変わる場合があります。
そのため、自分の体を見た時に、濃くなったように感じても焦ることはありません。
誰にでもあることです。

 

そして、乳首はとてもデリケートな部分であることを忘れないようにしましょう。

 

例えば、乳輪部分にはモントゴメリー腺というバストトップを保護する役割をもっている部分があります。
黒ずみになりやすい部分でもあるので少し注意が必要(→参考サイト:乳首をピンクにする方法)なので、ムダ毛の処理をする際には丁寧に行うことが大切だということを覚えておいてください。

 

脱毛の仕方がとても重要

カミソリを使ってムダ毛を処理しようとする場合には、カミソリの刃で乳首に傷をつけることがないように注意をしましょう。
また、ローションを使って行うことによってカミソリの刃から、角質を保護することができます。
処理の方法だけではなく、どのように行うかを考えてみましょう。

 

肌をまもってくれるアイテムもたくさんあるので、有効に利用するようにしてみましょう。
その際に、無理に処理をしなければいけないと思い込む必要はありません。
気になったら対応しましょう。

乳首のムダ毛処理方法

乳首 ムダ毛 自己処理
まず自己処理の方法については、カミソリから電動シェーバー、毛抜きや脱毛クリーム、家庭用脱毛器といった方法があります。

 

まず、毛が少ないといった時には毛抜きで一本一本抜く方法で十分に処理できます。
しかし、抜いている途中で切れてしまうと、埋没してしまう可能性もあるため気を付けましょう。

 

そして、脱毛クリームを使用して処理をする場合には、乳首の炎症に気を付けましょう。
一度炎症が起きてしまうと長引いてしまう場合もあるので、脱毛クリームを使用する際には、自分の肌に合うかどうか確認するようにしましょう。

 

さらに、家庭用脱毛器を使用する場合には、エステに行かずに家でその効果を感じることが可能になります。
このように、自己処理の方法は複数あるため自分がやりやすい方法を選択してみましょう。

自己処理が難しい場合はエステやクリニックで◎

しかし、自分では難しい場合には無理をせずにエステやクリニックにいって脱毛をしてもらいましょう。
そうすることによって肌への余計な負担や、乳首を傷つけてしまうといった心配をする必要はありません。

 

その場合、料金の確認やシステムの説明を事前に受けるようにしましょう。不安なく施術を受けることができるように心掛けましょう。